第66回 米朝会談後のゆくえと日本

 平成30年6月29日(金)18:30~20:30 PORTA神楽坂

 

講師 教授 川上 高司 氏

   拓殖大学 海外事情研究所 所長・教授 

1955年熊本県生まれ。

大阪大学 博士(国際公共政策)。

 

Institute for Foreign Policy Analysis(IFPA)研究員、(財)世界平和研究所研究員、防衛庁防衛研究所主任研究官、北陸大学法学部教授を経て現職。

 

この間、 ジョージタウン大学大学院(ペンタゴンプログラム)留学、 RAND研究所客員研究員、参議院外交防衛委員会調査室客員調査員、

神奈川県参与(基地担当)、(財)国際間題研究所客員研究員。

 

現職の他 中央大学法学部兼任講師、 NPO法人外交政策センター(FPC)代表、 (社)国際情勢研究所委員、フレッチャースクール外交政策研究所研究顧問などを兼務する。

 

主な所属学会、

                                                                        国際政治学会、アメリカ学会、国際安全保障学

                                                                        会、日本政治学会、ISA、 IISS。

 

                                                                        NPO法人外交政策センター(FPC)では

                                                                        Facebookによるによる情報発信も行っており

                                                                        ます、どうぞご覧ください。

 

概要:

   6月12日に米朝首脳会談が行われたが、その後の地政学的リスクを

         解明する。

   思い起こせばベルリンの壁が崩壊後東西ドイツは一気に統一へ向かっ

         た。

   今回、米朝首脳会談後に朝鮮戦争が平和条約に切り替われば国連軍は

         解体され、在韓米軍も撤収に向かうかもしれず、日本へおよぶ影響は

         はかりしれない。

   戦後初めての国家的危機を日本はどう乗り切るのか。

司会の日本大学 河本教授

 

時刻通りに講話のはじまり

 

1.米朝首脳会談は成功か?

 

・各国の評価

 

・米朝首脳会談での協議のポイント

 

・合意文書の評価

 

・米朝会談のながれとPlayer

 

・CIA外交

 

・米朝首脳会談「合意」後は

 

 

2.米朝首脳会談合意後はどうなる?

 

・完全なる核放棄、曖昧な合意か?

 

・完全なる核放棄のケース

 

・「合意」のケーズ=朝鮮戦争終結の場合

 

・非核化のプロセス6段階

 

・費用は日本が大部分を負担!

 

・日本にとり最悪は「あいまいな合意」

 

 

3.大国間のゲーム

 

・トランプ=アメリカの事情

 

・中朝の3回の首脳会談をどう読む?

 

・習近平国家主席の読みと戦略

 

・南北朝鮮の戦略をどう読む?

 

・経済と安全保障のディール

 

 

4. 今後の朝鮮半島

 

・朝鮮半島の15年後の予測

 

・朝鮮半島のシナリオ分析-時間軸

 

・朝鮮半島の将来は?

 

・朝鮮半島の15年後と日本

 

 

5. 日本に何ができるのか?

 

・取り残された日本

 

・日米同盟の漂流?

 

・日本の取るべき道は?

 

 

 

講演終了後、質問タイムとなり、熱心な質問と先生の丁寧な解説が続きました

                                                                                                                               

 

続いて懇親会に移りました。

懇親会風景ー1

懇親会風景ー2

懇親会ご参加の皆様

 

 

川上先生最新著作

2017年4月28日 東洋経済新聞社

いち早くトランプ当選を予測していた第一線の専門家チームが徹底分析!

中国・朝鮮半島・ロシア・中東・日本について、どのようなビジョン、戦略があるのか。

その根底にある軍事・核・エネルギー戦略のゆくえはどうなるのか。

国際政治や安全保障問題のプロフェッショナルが明らかにする。

風雲急を告げる朝鮮半島情勢や、中東情勢など、激変の予兆が見える世界情勢を知る上で必読の書。

 ●米中貿易戦争と中国の軍拡を諫止する道

 ●「損得勘定」「場当たり」の日米トップダウン外交

 ●歓喜する中東の首脳たち

 ●エネルギーシフトで価値観同盟は終焉

 ●日露「変化球外交」による北方領土問題打開

 ●オルタナティブ・ファクツ路線の勝算

 ●「取引」「世論」「変化」が生み出す新秩序 

 ●アメリカ最後の切り札とリアリズム時代の到来

 

 

 

川上高司研究室 ホームページURL

http://www.tkawakamidreams.net/index.html 

 

外交政策センター フェイスブック

https://www.facebook.com/fpc.gaikoseisaku/