第52回 勉強会

「米新大統領と日米関係」

平成28年12月7日 (水) 18:30~20:20

PORTA神楽坂ビル7F 理窓会第二会議室

概要

     新たに選出された大統領は大統領選挙で傷ついたアメリカ国内を

    まとめることができるのか。

    アメリカの将来はどうなるのか-。 

    また、新たな大統領の政策如何で世界秩序は大きく左右される。

    それに対して日本はどのように対応するのかを論じる。

 

 

川上 高司 氏

 

拓殖大学 海外事情研究所 所長・教授(当会顧問)

1955年熊本県生まれ。大阪大学博士(国際公共政策)。Institute for Foreign Policy Analysis(IFPA)研究員、(財)世界平和研究所研究員、防衛庁防衛研究所主任研究官、北陸大学法学部教授を経て現職。

この間、 ジョージタウン大学大学院(ペンタゴンプログラム)留学、 RAND研究所客員研究員、 参議院外交防衛委員会調査室客員調査員、 神奈川県参与(基地担当)、 (財)国際間題研究所客員研究員。

現職の他、 中央大学法学部兼任講師、 NPO法人外交政策センター(FPC)代表、 (社)国際情勢研究所委員、 フレッチャースクール外交政策研究所研究顧問などを兼務する。

主な所属学会、                           国際政治学会、アメリカ学会、国際安全                          保障学会、日本政治学会、ISA、 IISS。

 

【トランプ政権を読み解く】

 

  ▽トランプ大統領誕生

   ・トランプのバックグラウンド

 

  ▽トランプ大統領誕生の深層

   ・経済格差拡大

   ・白人の危機感

   ・不法移民問題

   ・イスラム系テロリストに対する不満

   ・共和党指導部に対する怒り 

 

司会の日大危機管理学部 河本教授 (当会副代表理事)

 

  ▽数字でみるトランプ支持層-CNN世論調査-

   ・隠れトランプ票は白人女性だった

   ・高齢者層の支持が高かった

   ・ラテイーノの約3割がトランプへ投票した

   ・宗教票はトランプ支持

   ・学歴が低いほどトランプ支持

   ・収入は関係がなかった

   ・軍はトランプ支持

   ・トランプに期待されるのは移民政策、テロ対策、外交政策は期待

    されず

   ・IS対策はトランプに期待されていない

 

講演中の川上先生

 

 

  ▽トランプ人事

   ・政権移行チーム

   ・副大統領 マイク・ペンス

   ・首席補佐官 ラインス・プリバース

   ・首席戦略官・上級顧問

   ・法律顧問 ドナルド・マクガーン

   ・国家安全保障担当補佐官 マイケル・フリン

   ・  〃    副補佐官 キヤサリーン・マクファーランド

   ・財務長官 ステイーブン・ムニューチン

   ・商務長官 ウイルバー・ロス

   ・CIA長官 マイク・ポンペオ

   ・司法長官 ジェフ・セッションズ上院議員(69)

   ・教育長官 ペッツイ・デボス

   ・国連大使 ニッキ―・ヘンリー

   ・運輸長官 イレーン・チャオ

 

  ▽トランプのインナーサークル

   ・イバンカ・トランプ

   ・ジャレッド・クシュナー

 

聴講風景

 

  ▽米議会

   ・ポール・ライアン下院議長 継続

   ・ナンシー・ペロシ下院院内総務 継続

   ・ミッチ・マコー下院院内総務(共和)

   ・ハリー・リード下院院内総務(民主)

 

  ▽今後のアメリカ

   ・トランプは「商人」=

          ハミルトン主義+ジャクソン主義+ジェファソン主義

 

【トランプの100日行動計画】

 

  ―二種類の行動計画―

   ①「就任初日」から目指す

   ②議会と協力し「100日以内の立法措置」

 

  ―三つのテーマ―

   ①ワシントンの「腐敗と特定利益団体の結託」を一掃

   ②米国労働者を守る

   ③治安と憲法における法の支配の回復

    ・TPP廃止

    ・オバマケア廃止

    ・移民政策

    ・経済政策

 

  ▽トランプ外交

   ・無い・multi → bi

講演中の川上先生

 

【予想されるトランプ外交-Worst Synalio】

 

  1)米露接近 → 米露準同盟

 

  2)米中取引 → 米中接近 →米中露の時代

 

  3)米イスラエル接近→イランとの核合意破棄

 

  4)アジアでの同盟国と疎遠になる → 日本、韓国の孤立 → 中国

   へのバンドワゴン、もしくは日本の軍事大国化・孤立 

 

  5)NATOとの距離 →EU解体、NATO解体

   → ロシアへのバンドワゴン

 

聴講風景

 

 

【日米関係の将来】

 

 

  ・大変革の予想

 

 

  ・駐留米軍経費削減 → Host Nation Supportの増額?  

   在日米軍基地削減? 在日米軍撤退?!

 

   *「独、サウジ、日、韓の面倒を見ねばならない」

 

   *「北朝鮮がミサイル発射するたびに米国は艦船を派遣するが、

    事実上米国が得るものは何もない」

 

 

  ・TPP撤退

 

 

 

以下2枚の写真は懇親会風景です。