第46回勉強会 「日本人集団の形成史と顎の退化」

平成28年4月19日(火)18:30~20:30 ポルタ神楽坂ビル7F 理窓会第二会議室

 

馬場 悠男 氏

 

国立科学博物館  名誉研究員 

1945年東京生まれ。

日本学術会議連携会員。元日本人類学会会長。東京大学生物学科卒。獨協医科大学解剖学助教授を経て、88年から国立科学博物館主任研究官。96年から同人類研究部長、東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻教授を兼任。

2009年定年退職。

 

概要    

我々日本人の大部分は、大陸から渡来してきた人々の影響を受けて歯が大きい。

ところが、軟らかい食物を食べることによって顎が退化し、歯並びが悪くなり、咀嚼機能の低下だけでなく、睡眠時無呼吸症を起こす人が増えている。   

どうすれば良いかを提案したい。

懇 親 会

馬場先生 著書・共著・訳書・他

 

NHKカルチャーラジオ 科学と人間 私たちはどこから来たのか―人類700万年史

                         (NHKシリーズ)2015/6/25

人類の進化: 拡散と絶滅の歴史を探る (サイエンス・パレット)2014/2/25

人類の進化 大図鑑2012/9/21

人類進化大全―進化の実像と発掘・分析のすべて (-)2012/7

季刊考古学 第118号2012/1/25

学習まんがシリーズ 名探偵コナン推理ファイル 人類の謎 (小学館学習まんがシリーズ)

                         2010/6/15

骨が語る日本史2009/5

ホモ・フロレシエンシス〈上〉―1万2000年前に消えた人類 (NHKブックス)2008/5

ホモ・フロレシエンシス〈下〉―1万2000年前に消えた人類 (NHKブックス)2008/5

ビジュアル版人類進化大全2008/4/11

ヒトの進化のひみつ(学研まんが 新・ひみつシリーズ)2008/2

考古学・人類学・言語学との対話―日本語はどこから来たのか2006/12/21

びっくり飛び出すミイラの絵本2006/11

人間性の進化 (別冊日経サイエンス 151)2005/11/26

自然の謎と科学のロマン〈下〉生命と人間・編2003/11

NHK日本人はるかな旅〈1〉マンモスハンター、シベリアからの旅立ち―北からきた日本人の祖先

                         2003/4

NHK日本人はるかな旅〈2〉巨大噴火に消えた黒潮の民―南からきた日本人の祖先2003/4

NHK日本人はるかな旅〈3〉海が育てた森の王国―日本列島にひろがった縄文人2003/4

NHK日本人はるかな旅〈4〉イネ、知られざる1万年の旅―大陸から水田稲作を伝えた弥生人2003/4

NHK日本人はるかな旅〈5〉そして“日本人”が生まれた―混じりあう縄文人と弥生人2003/4

ルーシーの膝―人類進化のシナリオ2002/4

まんがでたどるNHK日本人はるかな旅2001/9

ホモ・サピエンスはどこから来たか―ヒトの進化と日本人のルーツが見えてきた。

                          (KAWADE夢新書)2000/7

顔を科学する!―多角度から迫る顔の神秘1999/2

考古学と人類学 (考古学と自然科学)1998/12

旧石器時代の考古学

(シンポジウム 日本の考古学)1998/5

甦る人類化石―骨のメッセージをたどる1997/7

人の顔を変えたのは何か―原人から現代人、未来人までの「顔」を科学する

                          (KAWADE夢新書)1996/11

別冊日経サイエンス(117) (別冊日経サイエンス 117)1996/11

ヒトはいつから人間になったか (サイエンス・マスターズ)1996/2

特集人類学~現代はどこからきたか (別冊日経サイエンス)1993/11

別冊 日経サイエンス 108号 人類学1993

人類誕生への道(1977年)

ライフ人類100万年(1977年)