第45回  「ロシアの対外戦略と日露関係」

 

平成28年2月19日(金) ポルタ神楽坂18:30~20:30

名越 健郎 氏

 

1976年(昭和51年) 東京外国語大学ロシア語科卒業、時事通信社入社 その後、バンコク支局特派員、モスクワ支局特派員、ワシントン支局長、モスクワ支局長、外信部長、仙台支社長を務め、2011年(平成23年)退社 

拓殖大学 海外事情研究所 教授                      国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授 国家基本問題研究所客員研究員                         時事総合研究所客員研究員

はじめに

我が国の対ロシア外交の中でも特筆すべきは「北方領土問題」であり、認識を新たにしたい。                                                                                                                          戦後70年間に返還のチャンスはあった。                                                                     エリツィンからプーチンへと体制や環境の変化に伴い、ロシアと日本の関係も変化した。 

北方四島とは

外務省ホームページより

    択捉島 3、184平方キロ                                                                                       国後島 1、489平方キロ                                                                                         色丹島   253平方キロ                                                                                   歯舞群島  100平方キロ                                                                                             尖閣列島や尖閣諸島と比べ、広大な面積である。                                            (エネルギー資源、鉱物資源、漁業資源に加え温泉も豊富である。)

  

1.シリア空爆の狙い 

  アサド政権擁護―中東の橋頭堡確保                                                                                 IS(イスラム国)参加のチェチェン人など掃討                                                       地政学リスクで原油価格引き上げ狙う?                                                                国際的影響力拡大、欧米と連携して孤立脱却

講演中の名越先生

 

2.ウクライナ情勢の行方 

  シリアとの不利な2正面作戦                                                                                  東部内戦の死者9000人、難民80万人                                                            東部の武闘派指導者が穏健派と交代。ロシアがコントロール

ロイター2015年2月25日、クリミアは2014年にロシアへ編入

3.ロシア経済が悪化

 

  15年はマイナス4%、16年もマイナス成長

   プーチン時代で初めて給与、年金が低下

   バラマキ政策が限界に                          

  地方経済悪化。20の自治体がデフォルト                                                                                 

聴講風景

 

4.北方領土問題で今夏強硬姿勢   

 

  首相や閣僚が4島視察   

  北方領土開発計画を10年延長。700億ルーブル(1200億円)投資

  「敗戦国に領土要求の権利はない」「領土交渉していない」(ラブロフ外相)

  戦勝祝賀で愛国主義が高揚。5年おきに日露関係に打撃   

  クリミアとクリルが愛国主義の最前線に

北方領土・択捉島の水産加工場で説明を受けるメドベージェフ首相 2015年8月22日 産経ニュース

 

5.今後の日露関係   

  春にロシアで首脳会談。プーチン年内訪日は微妙   

  プーチンの腹案は日本にロシア領有を認めさせた上で2島引渡し?   

  ロシア経済悪化で日本に期待感

 

◎今後の日本とロシアの主要政治日程 

 ▽2016年   

  2月12日         ウクライナ停戦合意1周年   

  春             日露非公式首脳会談(ロシアの地方都市)   

  3月31日―4月1日    核安全保障サミット(ワシントン)   

  4月24日         衆院北海道5区補選   

  5月上旬          北朝鮮第7回党大会   

  5月26、27日      伊勢志摩サミット   

  5月26日         チェルノブイリ事故30周年   

  6月23、24日      CIS首脳会議(タシケント)   

  7月            参院選(ダブル選?)   

  7月8日          NATO首脳会議(ワルシャワ)   

  8月5日          リオ五輪開幕   

  9月4、5日        G20首脳会議(中国・杭州)   

  9月18日         ロシア下院選   

  9月30日         シリア空爆1周年   

  11月8日         米大統領選   

  11月           APEC首脳会議(ペルー)   

  12月           ソ連邦崩壊25周年   

   ※16年内に、発のロシア・ASEANサミット?(於ソチ、プーチンが提案)

   ※16年内のプーチン外遊先(タス通信)

       中国(G20)、インド(BRICS)、ウズベク(SCO)。

       可能性はペルー(APEC)、イラン、日本、スロベニア、トルクメン

講演中の名越先生

 ▽2017年  

  シリア大統領選(ロシアの和平スケジュール)   

  4月            消費税10%   

  5月            仏大統領選   

  夏             独総選挙   

  12月           韓国大統領選  

 ▽2018年   

  3月            ロシア大統領選   

  6月            サッカーW杯ロシア大会   

  9月            安倍総理任期満了  

 ▽2019年   

  5月            ウクライナ大統領選  

 ▽2020年   

  7月24日         東京五輪開幕   

  11月           米大統領選  

 ▽2022年   

  9月            中国共産党大会、習近平退陣  

 ▽2024年   

  3月            ロシア大統領選

 

【先生の主な著作】 

メコンのほとりで』 中公新書、1987年7月

『クレムリン秘密文書は語る』 中公新書、1994年10月

『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』 講談社、1996年2月

『ジョージ・ブッシュの華麗なユーウツ』 新潮社、2001年2月

『ジョークで読む国際政治』 新潮社、2008年3月

『「新冷戦」の序曲か―メドベージェフ・プーチン双頭政権の軍事戦略』

              (木村汎、布施裕之共著)北星堂書店、2008年12月

『独裁者プーチン』 文藝春秋、2012年5月

 

(懇親会風景)