消費生活相談からみる

消費者トラブルとその特徴

平成26年9月5日(金) PORTA神楽坂 18:30~20:30

 

小林 真寿美 氏 (こばやし ますみ)

 

独立行政法人 国民生活センター

相談情報部 相談2課

(情報通信・特商法チーム) 課長補佐

 

国の消費生活センターには日々、多くの消費者トラブルが寄せられています。

特に、高齢者は「お金」「健康」「孤独」の3つの大きな不安を持っているといわれており、悪質業者は言葉巧みにこれらの不安をあおり、親切にして信用させ、年金・貯蓄などの大切な財産を狙っています。 そこで、今回は、最近寄せられるさまざまな相談の中から、特徴的な相談事例とその対応策等をご紹介します。

本日の報告

   1.消費者行政の仕組み

     ~国民生活センターについて~

   2.消費者トラブルの最近の傾向

     ①高齢化と消費者トラブル

     ②情報通信の発達と消費者トラブル

   3.まとめ

     ~消費者トラブルを未然に防ぐための危機管理~

. 消費者行政の仕組み

      国民生活センターについてご紹介

2.消費者トラブルの最近の傾向

国民生活センターと全国の消費生活センターなどをオンラインネットワークで結び、消費生活に関する情報を蓄積している「全国消費生活情報ネットワーク・システム(PIO-NET:パイオネット)に20145月末日までに登録されたデータを分析した結果、2013年度の相談件数は9年ぶりに増加したことが判明。 しかも、70歳以上の割合が大きくなり、契約当事者の高齢化が進む傾向が顕著。

               注1:PIO-NET(パイオネット)2014年5月末日登録分

               注2:構成比は各年度の総件数を100として算出した値である。

 

   中でも相談が多く寄せられた商品・役務(j2013年度)は次の通り。

               注:PIO-NET(パイオネット)2014年5月末日登録分

 

   2013年度の高齢者の消費生活相談を見ると激増と言える。

   次に相談1件当たりの平均金額を見ると

   さらに怖い高齢者の「二次被害」トラブル

   高齢者トラブルからみる特徴を要約すると

   「送り付け商法」

     契約を結んでいないのに、健康食品を勝手に送ってきて、受け取ったことで、支払

     義務があると消費者に勘違いさせて代金を払わせようとするトラブル。

        ↓

     2013年度 ”健康食品” の送り付け商法のトラブルが激増

        ↓

     2014年度 ”アダルトDVD” の送り付けトラブルも・・・

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

   「劇場型勧誘」

     契約の相手先以外の第三者が、特定の消費者に対し、何らかの利益が得られる等の

     勧誘を行い、契約の成立をあおることをいう。

     なお、ここでいう第三者とは、契約の相手先とは直接の契約関係や一体性が形式上

     は存在していない者を指す。

     (契約先と第三者の両者が背後で何らかの関連性があると疑われる場合を含む。)

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

 

   話題性のある出来事に便乗する「投資トラブル」

     悪質事業者は、今、まさに話題になっている出来事を悪用して近づいてくる。

        

     「東京オリンピック」

     「シェールガスの採掘」

     などなど

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

 

   情報通信の発達と消費者トラブル

     電子商取引や情報通信産業の発展

   スマートフォン、モバイルコンテンツの発展

     スマートフォン等向け モバイルコンテンツ市場規模

   決済手段の多様化

     【インターネット通販における決済手段】

                                        熱心な聴講
                                        熱心な聴講

   決済手段の多様化

     【スマートフォン決済】

     さまざまな理由により、これまでクレジットカードが使えなかったスモールビ

     ジネス市場での導入が進み、カード決済が拡大傾向にある。

 

   アダルトサイト「不正請求」

           (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」「子供サポート情報」より

   「出会い系サイト」~サクラサイト商法~

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

 

   「インターネット通販」~ターゲティング広告~

     (相談事例)

     SNSの広告で「しわ取りクリームのサンプルが400円で買える」とあるのを見て注文し、

     クレジットカードで決済した。外国から封筒に入ったクリームが2個届いた、後日、

     クレジットカードの明細書に、2回分の請求があることが分かった。定期購入になっていた

     ようだ。広告や注文時の画面を残しておらず、販売している事業者のホームページも

     検索できない。 【40歳代 女性)

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

   ●以前のトラブル

     誰でも見ることができる広告

          非特定(チラシに近い広告)

   ●最近のトラブル

     特定の人が一定期間しか見ることができない広告(ターゲティング広告)

          特定(個別性が高い広告)

 

   参考;「インターネット通販」~突然表示される警告表示~

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

 

   「ネット回線契約」勧誘トラブル

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

               (独)国民生活センター発行「見守り新鮮情報」より

 

3.まとめ

   ~消費者トラブルを未然に防ぐための危機管理~

   ① 財布を守る秘訣 ~高齢者トラブル~

   ② 情報収集(国民生活センターの活用)

     <ホームページ http://www.kokusen.go.jp

     <メールマガジンも利用できます>

   ③ 消費生活センターの利用

     消費者ホットライン(全国統一番号)

ご清聴ありがとうございました。

                                        有志による懇親会 乾杯
                                        有志による懇親会 乾杯
                                        懇親会参加者 記念撮影
                                        懇親会参加者 記念撮影